自律神経失調症に悩まず治療で解決【食品の可能性】

女性

多くの人が経験する症状

錠剤

多くの人が経験する症状

更年期障害の予防について。更年期障害は、男女ともに大きくの人が経験する症状です。加齢によるホルモン分泌の低下、社会的ストレスなどが、自律神経のバランスを大きく乱します。またうつ病などの精神症状を発症する人もいます。最近では若年性の更年期障害も増加の傾向にあります。社会的ストレスを若い世代が実感しやすくなっているのが原因と言われています。更年期障害の症状は非常に多岐にわたります。発汗・ほてりといったホットフラッシュをはじめ、動悸・息切れ・憂鬱、または自律神経失調症やうつ病の症状に見舞われることもあります。男性の場合は、テストステロンの低下によって男性機能の減退に悩まされることも多いのです。更年期障害を予防するためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

食生活の改善

更年期障害を予防するためには、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。食生活においては、自律神経を整えるために必要な栄養素を、意識的に摂取するようにしましょう。特に必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどに加え、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることも大切です。腸内環境を整えることで、免疫力が向上し、セロトニンの生成・分泌を助けます。そうしてバランスの良い食生活を心がけて免疫力を向上させることで、薬に頼らないくても良い生活を心がけましょう。万が一更年期障害を発症した場合も、日常生活に支障をきたすほど症状が辛い場合を除いては、薬を飲むのは極力避けるようにしましょう。薬を飲むことで免疫力が働かなくなる場合があるからです。免疫力が働かなくなると、薬を飲み続けなければいけなくなります。