自律神経失調症に悩まず治療で解決【食品の可能性】

女性

ホルモン減少を補う

サプリ

原因は女性ホルモンの減少

更年期とは、女性の場合、閉経前後の5年を指し、概ね40代〜50代に当たります。この期間は、女性ホルモンが減少してしまいます。更年期障害とは女性ホルモンの減少によって、自律神経などのバランスが壊れてしまい、身体的にも精神的にもアンバランスな状態になることをいいます。したがって、更年期障害の解決方法として、女性ホルモンの減少に代わる成分を摂取することが考えられます。とは言うものの、これらの成分を食品で摂ることは、困難なことです。効率よい摂取が可能となるサプリメントでの摂取がオススメとなります。サプリメントをお選びになる際には、特に女性ホルモンの中でもエストロゲンと呼ばれるホルモンに似た作用をもつ成分が配合されたものが良いでしょう。また、精神的にアンバランスな場合には、症状に応じて効果的な成分を含むサプリメントを選ぶと効果的です。

どんな成分を選ぶべきか

では、サプリメントを選ぶ際には、どのような成分が配合されているのが良いか確認しておきましょう。エストロゲンに似た成分として、まずは大豆イソフラボンが挙げられます。安全性も高い成分で人気です。そして、注目されているのがエクオールという成分。大豆イソフラボンに近い成分ですが、よりエストロゲンに近い成分です。イソフラボンで効果が無かった場合でも、エクオールでは効果ありというケースも多くあります。また、プラセンタやザクロ、ホップにも、エストロゲン類似の働きがあります。さらにマカや亜鉛にもホルモン分泌を促す成分ですので効果が期待できます。また、更年期障害の中でも、冷えや無気力の症状があれば高麗人参、体の疲れやだるさがあるならば鎮静作用のあるローヤルゼリーなどのサプリも効果を発揮するでしょう。