自律神経失調症に悩まず治療で解決【食品の可能性】

女性

心身の健康

薬膳

心身が不調になる

自律神経は、交感神経は脈を早くする、発汗するなどの身体や脳を活動的にする働きをし、副交感神経は脈を遅くしたり、身体や脳を休ませるなどをしています。この2つの神経のバランスが崩れると心身が不調になります。これが自律神経失調症です。原因は、ストレスや環境、もともと自律神経が弱い体質であるなどです。自律神経失調症を治療をするには、心療内科で心理療法を受けたり、自律神経を調整する薬や精神に働きかける薬を処方してもらいます。西洋薬だけでなく、漢方薬を処方してもらえる場合もあります。漢方薬は、症状だけでなく、気・血・虚というエネルギーや血液の流れの状態や実証・虚証という体質を総合的に診て処方されます。近年では、自律神経失調症の治療のためにも漢方薬を飲む方が増えてきています。

心身の健康を取り戻す

漢方薬は自然の生薬から製造されています。いくつかの生薬が組み合わさっているので、1種類の漢方で様々な症状に働きかけます。このため、飲む種類を少なくて済みます。また、体の抵抗力を高めながら回復させることができます。これらの特徴があることから、漢方が用いられることが多くなってきました。ドラッグストアにも並んでいますし、西洋医療を行っている病院でも処方ができるところもあり、保険が適用されるため、負担が少なく入手できます。漢方を専門に扱っている薬局もあり、先ほど述べたように個々の体質によって処方されます。特に自律神経失調症は特定の悪い箇所があるわけではない疾患なので、体質に働きかける漢方は高い効果を期待でき、相性の良い治療方法なのです。これまで述べてきたことから、西洋医療の病院でも用いられることや、漢方専門薬局もさらに増え、一般の人々も漢方に対する知識を持つ人が多くなり、さらに身近なものになっていくでしょう。